無料ブログはココログ

« 教師のための仕事術 8 | トップページ | 教師のための時間術 10 »

2012年5月29日 (火)

教師のための時間術 9

【仕組みをつくる】
 私は怠け者である。
 自分自身の「努力」や「根性」というものを一切信用していない。医者から「脂肪肝になっているから適度な運動をしなさい」と言われて,ちょっとだけジョギングしたが長続きしない。先輩から「筋トレは大切だよ」などと言われて,ちょっとだけダンベルトレーニングをしたが,やはり長続きしない。忙しいと,ついつい運動は後回しになるものだ。

 そこで,運動をする「仕組み」を取り入れることにした。努力や根性とは無関係に,運動をせざるをえない「仕組み」をつくるのである。たとえば,通勤は,自動車を一切使わなくして,自転車通勤に変更した。そうすると,1時間以上は運動せざるをえなくなる。また,ダンベルトレーニングビデオを10分の動画にしてコンピュータで再生できるようにした。そして,午前6時からテレビのニュース番組を見ながらトレーニングする。そうすると,情報収集と筋トレが一度にできる。このコンピュータを使ったトレーニングは想像以上に簡単なので,別の10分間筋トレ動画を作成して入浴前に実行している。それが終わらないと入浴できない「仕組み」だ。
 そんなことでも続けていくと,不思議なもので「習慣化」されていく。毎日,自転車に乗ったり,筋トレをやったりしないと,なんだか落ち着かなくなってしまう。歯を磨かないと気持ちが悪いのと同じだ。結局,2年間で体脂肪率は正常値になった。

 多忙だと不健康な状態に陥りやすい。健康な状態を保つためには,適度な運動をするしかない。その時間を生み出す「仕組み」をつくることも,重要な時間術だと思う。(つづく)

« 教師のための仕事術 8 | トップページ | 教師のための時間術 10 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54825175

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 9:

« 教師のための仕事術 8 | トップページ | 教師のための時間術 10 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31