無料ブログはココログ

« 教師のための時間術 12 | トップページ | 言語活動とは何か 4 »

2012年6月 5日 (火)

教師のための時間術 13

【思考する時間を確保する】

 静かにじっくりと思考する時間は極めて重要である。
 文章を書くことで、それが可能になる。
 文章を書いていて面白いのは、新しい発見があることである。今までなんとなく考えていたことが、文章にしていくうちに明確になっていく。書いた後に、「自分はこんなことを考えていたのか。」と驚くことが多い。
 文章を書くことは、まさに思考することそのものである。

 しかし、学校にいる間は、この作業ができない。
 だから、学校にいる時間は極力少なくした方がよい。
 かといって、自宅で文章を書くことができるかといえば、そうでもない。テレビや電話の音、人の話し声といった雑音が入っていては集中できない。
 そこで、朝の静かな時間の中で「思考する時間」を確保するのである。

« 教師のための時間術 12 | トップページ | 言語活動とは何か 4 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/54879735

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のための時間術 13:

« 教師のための時間術 12 | トップページ | 言語活動とは何か 4 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31