無料ブログはココログ

« 授業におけるICTの活用とは? その4 | トップページ | 熊大情報研+D-project 9月例会のお知らせ »

2012年9月19日 (水)

授業におけるICTの活用とは? その5

 「音楽鑑賞」と「音楽鑑賞の指導」の違いを「学力の獲得」と捉えているのが山﨑正彦氏である。以下に引用させいただく。

************************************

 学校での音楽鑑賞を自らの好みと切り離してとらえなくてはならないことも児童生徒に対して明確に伝えなくてはなりません。
 つまり、好きであろうと嫌いであろうと、この音楽を聴く。それは、児童生徒がその音楽を聴くことによってその音楽から何かを学ぶということであり、例えば、それまで聴き取れなかったことを、ある音楽から聴き取れるようになる。ある音楽から何かを感じ取れるようになる。知らなかったことを、ある音楽を聴くことを通して、あるいは先生の説明によって知る。これらのことを45分なり30分の授業の時間枠のなかで実現し、音楽室に入ってきたときと、そこから帰って行くときとでは「このことが新たに聴き取れるようになった」「聴き取り方のヒントをもらい、あることが聴き取れるようになった」「音楽の雰囲気が感じ取れた」というような明確な違い(児童生徒の学力の獲得)がもたらされるようにするのが学校での音楽鑑賞、すなわち音楽鑑賞指導です。
          山﨑正彦著「見つけよう 音楽の聴き方 聞かせ方」(スタイルノート)

************************************

« 授業におけるICTの活用とは? その4 | トップページ | 熊大情報研+D-project 9月例会のお知らせ »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/55693418

この記事へのトラックバック一覧です: 授業におけるICTの活用とは? その5:

« 授業におけるICTの活用とは? その4 | トップページ | 熊大情報研+D-project 9月例会のお知らせ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31