無料ブログはココログ

« 授業におけるICTの活用とは? その9 | トップページ | 教員養成機能充実シンポジウム »

2012年10月23日 (火)

熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ

教育研究会のお知らせ

熊本大学教育学部情報教育研究会
会長 塚本光夫(熊本大学教育学部教授)

Mact121027

【教育研究オムニバス】

  今回は、タブレット型情報端末、教育研究方法、問題解決プログラムの三つの講座のオムニバス形式研究会となりました。どれも他の研究会では滅多に聞けない内容です。

■日時:2012年10月27日(土)
■午前の部:9時〜正午     午後の部:1時〜3時
■場所:熊本大学教育学部附属小学校3階コンピュータ室
■主催:熊本大学教育学部情報教育研究会
        D-project(デジタル表現研究会)
■参加費:100円(茶菓子代)

■内容:
・午前 第1部
【中村純一先生のスーパープレゼンテーション】
タブレットをツールとして意識し使用するために
-iPad,Android,WIndowsタブレットも含めて-

 iPadの登場によって、様々なタブレット端末を使う人たちが増えてきました。しかし、ツールとして十分に活用している人はまだ少ないようです。今回は中村純一先生にタブレット端末のツールとしての活用法をたっぷり話していただきます。

・午前 第2部
【益子典文先生(岐阜大学教授)の公開ゼミ】
教育研究をいかに進めていくか

 学校の研究は「大きな研究テーマ」「漠然とした仮説」「曖昧な成果」になりがちではないでしょうか。そこで、岐阜大学教授の益子典文先生にゼミを公開してもらうことにしました。問題点を整理し、問いを立ててデータを集めるといった、研究の進め方が分かる内容です。

・午後の部 第3部
【飯盛直子先生のワークショップ】
未来問題解決プログラム

 「未来問題解決プログラム」とは、1973年アメリカ・ジョージア大のトーランス教授(創造性心理学)が、小中高生の創造力、問題解決力を鍛えるために提唱したトレーニング・プログラムです。今回は日本支部の飯盛直子先生に、その進め方を学ぶワークショップを開催してもらいます。創造力、問題解決力を高める学習設計が分かります。

■参加申込み:
・午前のみ・午後のみの参加も可能です。
・昼食が必要な方は500円で受け付けます。
・参加申込み:事前にメールで山口修一まで        

「Mac-T121027.pdf」をダウンロード

« 授業におけるICTの活用とは? その9 | トップページ | 教員養成機能充実シンポジウム »

研究会・研修会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/55952213

この記事へのトラックバック一覧です: 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ:

« 授業におけるICTの活用とは? その9 | トップページ | 教員養成機能充実シンポジウム »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31