無料ブログはココログ

« 授業におけるICTの活用とは? その8 | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

2012年10月 1日 (月)

授業におけるICTの活用とは? その9

【ICT活用における授業設計方略の変化 3】
 同じ学校のB教諭も、授業設計に変化が生じている。
 1年目のB教諭(5年担任)は、まずワークシートを拡大して記入方法を示している。ここまでは教師側からの情報提示であり、児童からの反応は求めていない。
 次の場面ではスピーチの動画を二つ提示して問うている。
 最初の動画は「よくないスピーチの例」である。児童は「このスピーチは豊かな話し方ではないと思います。なぜならば、○○だからです。」という言い方で回答している。教師は、それらの意見を黒板にまとめていった。
 二番目の動画は「よいスピーチの例」である。児童は「このスピーチは豊かな話し方だと思います。なぜならば、○○だからです。」という言い方で回答する。教師は、同様にそれらの意見を採り上げながら、黒板にまとめている。
 児童の意見は「声」や「表情」「態度」といった「話し方」に注目する傾向にあった。「話の内容」も触れないことはなかったが、動画の特性としてはどうしても「話の内容」よりも「話し方」に意識が向いてしまうのだろう。
 最後は、児童のワークシートを拡大して提示して終了である。

 2年目のB教諭(6年担任)は、授業最初の段階で動画からスタートしている。5年生に6年生の集団宿泊の様子をビデオで見せた後に、その反応を録画したものである。5年生からの「こんな情報を教えてほしい」というメッセージが動画で伝わるようになっている。それをパンフレット制作につなげようというものである。
 そして、パンフレットで使用する写真を9枚提示して、「どの写真を使うべきか。それはなぜか。」を考えさせている。印象的だったのは、9枚の写真を一つの映像の中に提示しているところである。この状態であれば、直接比較が可能となる。意見を聞いている児童は、その写真をあらためて見ることになる。これが1年目の授業ではなかったところである。
 授業の最後に、児童のワークシートを拡大して意見を述べさせているところは1年目と同様である。

 B教諭の二つの授業は、ともに映像を比較させるものであったが、以下のように違いがあった。
1年目:動画を一つずつ見せて問いを出す
2年目:静止画を複数同時に見せて問いを出す
 動画は、流れてしまうので、その根拠となる部分をあらためて示すのは難しい。したがって、児童の意見を聞くときにはどうしても「記憶」にたよってしまうところが出てしまう。その点で、静止画はその根拠を確かめながら意見を聞くことが可能となる。(つづく)

« 授業におけるICTの活用とは? その8 | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

ICTを活用した授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/55787570

この記事へのトラックバック一覧です: 授業におけるICTの活用とは? その9:

« 授業におけるICTの活用とは? その8 | トップページ | 熊大情報研+D-project 10月例会のお知らせ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30