無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年3月

2013年3月 7日 (木)

教師の成長・発達とは何か その23

 若いときはサークル活動をさかんに行った。そのなかで、様々な人に出会い、多くのことを語り合った。特に同世代の人達との語らいは楽しかったし、今でもつきあいは続いている。授業のことについて議論したのを鮮明に覚えている。

 斎藤氏はディスカッションについても述べている。

 「数人が課題意識を共有しながら集まって、ディスカッションをし、各人の暗黙知をやりとりしていく中で、徐々に暗黙知が捉えられていくことの方が多い。
 自分でも気づいていなかったことに気づくためには、なんといっても他者の存在が必要である。」
(同掲書)

 考えてみれば、互いの授業実践や実践家の優れた授業について語り合うことで、様々な気づきが生まれていたのであろう。その意味では、気軽に語り合える仲間や場があることは極めて重要である。
 斎藤氏は言う。

 「自分や他者の暗黙知を明確に把握するために、形式知化する力を鍛えるということが、将来の仕事をする力にもつながっていく。
 本来は身体知を形式知にする力が強調されるべきである。そのうえでは言語は重要な武器となる。」

 土曜日に学校があっていたときは、その日の午後に集まって研究会を行ったり、研究授業を行ったりしていた。そこでたっぷりと話し合っていた。現在は、土曜日は休みになっているが、土曜日の研究会は部活動で参加できない教師が多いと聞く。部活動のために、教師の成長の場としての「語らい」の時間がなくなっているとするならば大きな問題である。

2013年3月 6日 (水)

教師の成長・発達とは何か その22

【師匠の役割 2】
 斎藤氏は言う。

「技術そのものを教えることは師の仕事ではある。しかし、自分の行っていることに対して明晰な意識を強く持ち続けること自体を技として修練させることが一層重要な仕事である。」(同掲書)

 つまり、「授業の技」の伝授だけを師匠の仕事とするのではなく、授業の技を高めようとする「明晰な意識」を持ち続けること自体を技として修練することこそが重要だということだ。
 そう考えると、教師の師匠は現役でなければならない。教師にとっての「師匠」もまた「学び続ける教師」でなければならないのである。この意味は大きい。(つづく)

2013年3月 5日 (火)

教師の成長・発達とは何か その21

【師匠の役割 1】

 教師の世界にとっても、直接指導や助言をしてくれる先輩の役割は大きい。
 斎藤孝氏は言う。

 「上達の秘訣は、自分の癖やスタイルをよくわかってくれていて、タイミング良くアドバイスをしてくれるパートナーや師匠をもつことだ。」
(同掲書)

 師匠となるようなベテラン教師が若手教師の授業を見て、アドバイスを行うことがある。しかし、ベテラン教師は若手教師の授業を観察しても「勉強になった」と述べることが多い。これは、謙虚な姿勢の現れかと思っていたが、そうでもなさそうだ。

 これに関しても斎藤氏は言う。

「技を盗む意識は熟練者ほど高い。その高い意識で自分の技術向上のヒントを後輩から盗むのも十分可能である。」

 つまり、ベテラン教師は若手教師からも本当に技を盗んでいるのである。だから、若手教師の授業の後のベテラン教師と若手教師の一対一の会話は「指導する側」「指導される側」のものではない。若手教師は自分の授業に対して「どのように考えて、この授業を行ったのか。」ということを伝えているし、ベテラン教師は積極的に方法論の対案を出している。まさにコミュニケーションの中で指導技術の追究が行われているのである。
 斎藤氏の言葉を借りれば次のようになる。

「ただし、技術の追究が精神的な成長を完全に保証するわけではない。技術の追究をめぐって対話的な関係が成立していることが精神的な成長をより促す。」

 そう考えると、師匠としてのベテラン教師の役割は、指導助言だけではなさそうだ。(つづく)

2013年3月 4日 (月)

教師の成長・発達とは何か その20

【あこがれ】

 斎藤孝氏は言う。

「上達を根底から支えるのは『あこがれ』である。」
 (斎藤孝著「『できる人』はどこがちがうのか」(ちくま新書))

 さらに、斎藤氏は言う。

「私たちは、何かを完全に理解してあこがれるのではない。その何か強い力やベクトルを感じて、それに反応するのである。」

 これは頷ける。
 私にとって、あこがれの存在は、有田和正先生、野口芳宏先生といった全国区の実践家であったし、地域の教科等研究会のリーダーや附属小などの研究校の先生方だった。彼らの授業を全て理解しているわけでもなかったが、その強い力やベクトルに惹かれた。
 あこがれの対象となった教師に共通することは、それぞれのスタイルと信念があったことである。
 それについては斎藤氏も述べている。 

「私たちは単にラグビーや相撲を楽しむという以上に、スタイルとスタイルがぶつかり合い互いを際立たせるプロセスを味わっているのである。プレイの細部に現れる一貫した特徴や戦い方の底を流れる一貫した哲学・信念といったものに感銘を受ける。」

(つづく)

2013年3月 2日 (土)

教師の成長・発達とは何か その19

【研究会参加症候群】
 教師が成長・発達する上で、研究会に参加することは必要不可欠な条件ではある。研究会にさえ行かないようであれば、成長はほぼ見込めない。しかし、研究会に参加することが目的化され、参加するだけで満足してしまっている場合もあるのではないだろうか。やたらと研究会には参加するのだが、授業は一向に上手にならないという教師もいるのではないか。
 著名な実践家や研究者の話を聞くのは確かに面白い。しかし、所詮は他人の知識である。一度、自分の実践知とつなげないと身にならない。

 論語の中の有名な言葉で次のものがある。

「学びて思わざれば則ち罔(くら)く、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し 」

 面白いのは、この言葉が以下のように英訳されていることだ。

Study without reflection is a waste of time; reflection without study is dangerous.

 「思う」が「reflection」と訳されているところが鋭い。

2013年3月 1日 (金)

教師の成長・発達とは何か その18

【実践研究を言語化する8〜何が言えるのかを記す〜】
 教員研修の場でワークショップを行い、最後に学んだことを話し合うことがある。
 グループの代表が、学びについて発表するのだが、その内容にかなりの差がある。
 「児童生徒の立場に立って体験的に学ぶことができた。」といったものもあれば、「集団でしか解決できない課題が重要であるということを学んだ。」といったものもある。
 前者は〝感想〟のレベルであるが、後者は〝実践知〟のレベルである。
 当然〝実践知〟のレベルが要求されるのであるが、自分の経験を実践知に落とし込むのは難しい。ある種の慣れが必要になるからである。そのためには、経験の後に、そこから何が言えるのかを常に考える習慣をもつことだろう。
 たとえば、良くない授業を参観しても、「この先生の授業は下手だ。」と一蹴するのではなく、「この授業はなぜうまくいかないのか。その原因は何か。」と考えてみる。そして、さらに「自分の授業にはそのような点はないのか。あるとすれば、どう改善すべきか。」ということまで考えてみると面白い。
 授業参観後にもった自分の意見が、感想レベルなのか実践知レベルなのかを評価してみることは、省察力を高めることにもつながる。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30