無料ブログはココログ

« 教師の成長・発達とは何か その22 | トップページ | 熊本大学教育学部情報教育研究会5月例会 »

2013年3月 7日 (木)

教師の成長・発達とは何か その23

 若いときはサークル活動をさかんに行った。そのなかで、様々な人に出会い、多くのことを語り合った。特に同世代の人達との語らいは楽しかったし、今でもつきあいは続いている。授業のことについて議論したのを鮮明に覚えている。

 斎藤氏はディスカッションについても述べている。

 「数人が課題意識を共有しながら集まって、ディスカッションをし、各人の暗黙知をやりとりしていく中で、徐々に暗黙知が捉えられていくことの方が多い。
 自分でも気づいていなかったことに気づくためには、なんといっても他者の存在が必要である。」
(同掲書)

 考えてみれば、互いの授業実践や実践家の優れた授業について語り合うことで、様々な気づきが生まれていたのであろう。その意味では、気軽に語り合える仲間や場があることは極めて重要である。
 斎藤氏は言う。

 「自分や他者の暗黙知を明確に把握するために、形式知化する力を鍛えるということが、将来の仕事をする力にもつながっていく。
 本来は身体知を形式知にする力が強調されるべきである。そのうえでは言語は重要な武器となる。」

 土曜日に学校があっていたときは、その日の午後に集まって研究会を行ったり、研究授業を行ったりしていた。そこでたっぷりと話し合っていた。現在は、土曜日は休みになっているが、土曜日の研究会は部活動で参加できない教師が多いと聞く。部活動のために、教師の成長の場としての「語らい」の時間がなくなっているとするならば大きな問題である。

« 教師の成長・発達とは何か その22 | トップページ | 熊本大学教育学部情報教育研究会5月例会 »

教師の成長発達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/56904311

この記事へのトラックバック一覧です: 教師の成長・発達とは何か その23:

« 教師の成長・発達とは何か その22 | トップページ | 熊本大学教育学部情報教育研究会5月例会 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31