無料ブログはココログ

« 実践研究入門 3 | トップページ | 実践研究入門 5 »

2013年6月 6日 (木)

実践研究入門 4

【3つのP】

 川﨑剛著「社会科学系のための『優秀論文』作成術」(勁草書房)という本がある。
 学術論文作成のために書かれた分かりやすい内容の本である。
 その中で「3つのP」について書かれている。
 「3つのP」とは以下である。

 Project(プロジェクト,計画)
 Persuasion(説得すること)
 Problem-Solving (『問題と解決』の枠組み)

 Projectは研究計画を示す。最終ゴール(本書では論文完成)を目指した時間と作業量を考えた計画である。
 Persuasionは論文の読者を説得することを示す。中心命題を指示する証拠を積み上げることである。
 そして,Problem-Solvingは,「問題」を指摘して,それを「解決」するという「型」をとることである。

 「3つのP」を知ったとき,自分にはそのいずれもが欠けていることを猛省した。計画性もなく,やったことをまとめるだけの研究になりがちであった。(つづく)

« 実践研究入門 3 | トップページ | 実践研究入門 5 »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/57533822

この記事へのトラックバック一覧です: 実践研究入門 4:

« 実践研究入門 3 | トップページ | 実践研究入門 5 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30