無料ブログはココログ

« 熊大情報研6月例会のお知らせ | トップページ | 熊大情報研10月例会のお知らせ »

2014年6月15日 (日)

熊本大学教育学部情報教育研究会7月例会スペシャル

教育研究会のお知らせ

熊本大学教育学部情報教育研究会

会長 塚本光夫(熊本大学教育学部教授)

これからの教育を考える

定員40名

 教育界には、そのときの「流行」といったものがあります。今は「タブレット端末」や「学び合い」といったところでしょう。その一方で、「それらは道具や方法にしかすぎない。目的こそが大事だ」といった批判もあります。

 では、その「目的」とは何でしょう。これからの教育には何が必要なのでしょうか。授業は、新しい時代に応じて変わらなくてもいいのでしょうか。

 今回の講座では、二人の特別講師をお招きして「これからの教育」について考えていきます。授業をされる先生方ばかりではなく、教員研修担当や管理職の先生方にとっても役立つ内容になります。定員になり次第、受付を締め切りますので、お早めにお申し込みください。

Mact140727_2

日付:2014年7月27日(日)
場所:熊本大学くすの木会館(附属小ではありません。)
時間:午前9時30分〜午後5時  
主催: 熊本大学教育学部情報教育研究会

    D-project(デジタル表現研究会)九州 
会費:1000円        
昼食:各自ご準備ください。近くにコンビニがあります。
参加申込み:メールで山口修一副会長まで。

定員に達したら締め切ります。

午前の部

「よい『学び』をつくる」

〜学びの個別化・協同化・プロジェクト化〜

特別講師 苫野一徳 先生

苫野一徳(とまの いっとく)

熊本大学教育学部講師。博士(教育学)哲学・教育学。多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解し承認しあうことができるか、探究している。NHK「ニッポンのジレンマ」の「教育」の回に出演し、「よい」教育とは何かを論じるなど、若手の教育哲学者として注目されている。

主な著書:『教育の力』(講談社現代新書)『どのような教育が「よい」教育か』(講談社選書メチエ)『勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方』(日本評論社)、共著書に、『知識ゼロからの哲学入門』(幻冬舎)、『図解哲学がわかる本』(学研パブリッシング)など。

午後の部

「協同学習の技法と教師教育」

〜協同学習ワークショップ+教育方法と省察指導〜

特別講師 上條晴夫 先生

上條晴夫(かみじょう はるお)

東北福祉大学教授。「教師教育ネットワーク」代表。小学校教諭、児童ノンフィクション作家を経て、ポピュラー・ライターとなる。専門は教育方法学・教師教育学。活動歴は、「授業づくりネットワーク」編集長、日本テレビ・ニュースアドバイザリー委員、台湾・文藻外語学院での日本語教育指導法講座講師、沖縄サミットのプレイベント「アイランド・クエスト」実行委員、全国教室ディベート連盟の教育・普及委員長、産業能率大学産能マネージメントスクール文章講座講師、ベネッセコーポレーション作文教材の開発・監修などがある。

主な著書:『見たこと作文でふしぎ発見』(学事出版)、『実践・子どもウォッチング』(民衆社)、『さんま大先生に学ぶ 子どもは笑わせるに限る』(フジテレビ出版)、『ワークショップ型授業で国語が変わる』(図書文化)、『叱る技術』(学陽書房)、『実践・教師のためのパフォーマンス術』(金子書房)など多数。

「Mac-T140727.pdf」をダウンロード

« 熊大情報研6月例会のお知らせ | トップページ | 熊大情報研10月例会のお知らせ »

教育観・研究観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/59817844

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本大学教育学部情報教育研究会7月例会スペシャル:

« 熊大情報研6月例会のお知らせ | トップページ | 熊大情報研10月例会のお知らせ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30