無料ブログはココログ

« 熊本大学教育学部情報教育研究会1月例会スペシャル | トップページ | 熊大情報研4月例会のお知らせ »

2015年2月14日 (土)

熊本大学教育学部情報教育研究会2月例会のお知らせ

【授業リフレクションとは何か】

150221jouhouken

 米国の教育学者リー・シュルマン氏は「20年分の経験を持つ教師もいれば、同じ一年の経験を20回持つ教師もいる。」と述べています。長く教師をすれば力量が向上するわけではないことは周知の事実です。そして、シュルマン氏は、「教師だけではなく医師や技術者などの優れた専門家は経験から学んでいる」ことを指摘します。そのためには、自分が行ったことを明確に理解し把握する必要があります。
 そこで、近年重視されている方法が「授業リフレクション研究」と呼ばれているもので、教師が自分の授業から学ぶ手法です。
 今回の情報教育研究会では、実際に行われた授業の映像を見ながら授業リフレクションの手法について学びます。

午後は、最近話題になっている「反転授業」や「e-learning」での教材を開発するためのiPad用アプリ「explain everything」についてワークショップを通して学びます。
 これは、手書きの線描のプロセスや写真・動画を貼り付けながら自分の音声や音楽を録音し、それを動画に出力して映像教材にするという画期的なアプリです。300円の有料アプリですが、教材開発の可能性がぐんと広がります。
 どなたでも参加できます。ふるってご参加ください。

■日時:2015年2月21日(土)
■午前の部:9時~正午 午後の部:1時〜3時30分
■場所: 熊本大学教育学部附属小学校 3階視聴覚室
■主催:熊本大学教育学部情報教育研究会
    D-project(デジタル表現研究会)
■参加費:100円(茶菓子代)

■内容:
【午前の部 9時~正午】
・山口修一先生のiPad活用講座
・ミニ講座「教師の成長と教師教育」
・授業リフレクションワークショップ

【午後の部 1時~3時30分】
・iPadアプリexplain everythingワークショップ

■ 準備物等:
・午後の部に参加される方は「explain everything」(有料300円)をインストールしておいてください。スタイラスペンがあるとさらに便利です。
・午前のみ・午後のみの参加も可能です。
・昼食が必要な方は500円で受け付けます。

■参加申込み:
メールで山口修一副会長までお知らせください。
「Mac-T150221.pdf」をダウンロード

« 熊本大学教育学部情報教育研究会1月例会スペシャル | トップページ | 熊大情報研4月例会のお知らせ »

研究会・研修会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130877/61134432

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本大学教育学部情報教育研究会2月例会のお知らせ:

« 熊本大学教育学部情報教育研究会1月例会スペシャル | トップページ | 熊大情報研4月例会のお知らせ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31