無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月

2016年6月29日 (水)

熊大情報研7月例会のお知らせ

【クロスロードを学ぶ】
〜防災教材でアクティブ・ラーニング〜
Mact060709_2
日時:2016年7月9日(土)
午前の部:9時〜午後3時30分

場所:熊本大学教育学部1階1B教室(附属小ではありません)
主催:熊本大学教育学部情報教育研究会
   D-project(デジタル表現研究会)
参加費:200円
※午前のみの参加は可能ですが、午後からの参加はご遠慮ください。
※パソコンやタブレット端末をおもちの方はご持参ください。

参加申込み:事前にメールで山口修一まで
        

 災害対応カードゲーム教材「クロスロード」とは、カードを用いたゲーム形式による防災教育教材です。「大都市震災軽減化特別プロジェクト」(文部科学省)の一環として、矢守克也氏(京都大学教授)、吉川肇子氏(慶應義塾大学准教授)、網代剛氏(ゲームデザイナー)より開発されました。クロスロードで遊ぶことで、災害対策を自らの問題として考え、また、様々な意見や価値観を参加者同士で共有することができるようになります。防災教育の効果的な方法として、内閣府のWEBサイトでも紹介されています。今回は、ながすクロスロード研究会の徳永伸介さんを招聘して、クロスロードの遊び方だけではなく、作り方まで学びます。学校教育の様々な場面で応用することが可能になるでしょう。どなたでも参加できますので、ふるってご参加ください。

2016年6月15日 (水)

熊大情報研6月例会のお知らせ

【防災講演会】
熊本大学教育学部情報教育研究会6月例会
 熊本地震から2ヶ月がたちました。余震は収まったものの、学校や地域社会に課せられたものは大きいと言えるでしょう。熊大情報教育研究会では、震災という貴重な経験を風化させない研究に取り組みたいと考えています。特に、今回は、宮城県での震災体験を生かしながら地域おこしの活動を行っている柳原志保さんの講演を企画いたしました。午後からの参加も可能です。どなたでも参加できますので、ふるってご参加ください。
Mact160625

日時:2016年6月25日(土)

午前の部:9時〜正午
1)山口先生のICT活用ミニ講座
  山口修一副会長によるiPadの仕事での活用術です。
2)アクティブラーニングで防災教育を学び合う
  iPadを使いながら防災教育について参加者で考えていきます。

午後の部:1時〜3時
防災講演会 講師 柳原志保(歌うママ防災士)
 1972年宮城県多賀城市生まれ。東日本大震災で自宅が大規模半壊し、二週間体育館で避難所生活を送る。2012年熊本へ移住し和水町在住。和水町地域おこし協力隊として3年間活動。現在は子育てをしながら男女共同参画や婚活サポートなどで活躍する地域に飛び出す現役お母さん。ママ目線での防災講演会を多世代に行っており、講演回数は70か所以上。yahoo!japan防災アプリCMやテレビタミンコメンテーターなどメディアにも多数出演。メンタルコーチ&心理セラピスト1級。

場所:熊本大学教育学部1階1C教室(附属小ではありません)
主催:熊本大学教育学部情報教育研究会
   D-project(デジタル表現研究会)
参加費:200円
※午前のみ・午後のみの参加も可能です。
※パソコンやタブレット端末をおもちの方はご持参ください。
参加申込み:事前にメールで山口修一まで

「Mac-T0625.pdf」をダウンロード

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30