無料ブログはココログ

メディア

2011年3月18日 (金)

批判的な文章

 なべたけさんより以下のコメントをいただいてうれしく思いました。
*******************
まず「批判」ありきの報道に嫌気がさす中、
ツイッターでのつぶやきには、
本当にすがすがしいものがありますね。
批判してる場合じゃない。
今こそAll Japanでがんばるときですよね。
*******************

 某新聞社の記事の文章には、東京電力の謝罪会見に以下のような表現が使われていました。

○事実関係はあいまいなまま。
○責任のなさをあらわにした。
○担当者が青ざめながら会見場に来たのは〜
○歯切れの悪い説明に終始した。
○〜と言うだけ。
○口をつぐんだ。

 このような表現には、記者の私的な感情が相当含まれており、かなり違和感を覚えます。特に「青ざめながら」「歯切れの悪い」といった表現は適切なのでしょうか。
 事実を正確に伝えるというマスメディアの文としてはふさわしくないように感じました。

 このような意図的な批判が蔓延すると、結局は足のひっぱりあいとなり、誰もが批判を恐れて建設的な行動を起こせなくなるのではないでしょうか。(現在の政治のように・・・)
 Twitterやブログなどのインターネットの意見には「批判をやめて行動しよう」というものが多くあるのも、うなずけます。

2011年3月15日 (火)

Twitterに感動する

 今回の地震には本当に心が痛みます。同じ日本に住んでいるのですから、何らかの形で協力したいと強く思っています。

 そんな中、テレビや新聞のマスメディアが行政批判と惨状の報道に終始しているのに対して、Twitterでの「つぶやき」は、それぞれに励ましあっていて、本当に勇気をもらえます。
 日本のことを祈る世界中からのメッセージ、必死に作業する東電社員への励まし、現場の第一線で救出・救援を行っている方々へのエールが、終始飛び交います。

 それぞれが役立つ情報にリンクを張って紹介しあう情報に感動すら覚えます。既成のメディアにはできない強力なメディアを得た思いです。

2009年9月 8日 (火)

新聞を「見る」3

 子どもたちによる新聞紹介も4日がすぎた。
 少しずつ分かってきたことがある。

 まず、子どもたちは発表そのものには意欲的であるということだ。放課後になったら、次の班が必ず「明日の新聞をください。」と言ってくる。自分たちもやってみたいという気持ちがあるのだろう。これは意外であった。

Shinbun02  課題としては、コメントの内容だ。難しい記事はどうしても分かりにくい。そこで、コメントを以下のようにした。

 1、その記事には何のことが書いてあるかを解説する。
 2、なぜ、その記事を選んだのか、その理由を述べる。

 子どもたちが聞きたいのは「感想」ではない。その記事には何のことが書いてあるのか、という「意味」なのである。
 効果的なのは、実物投影機だ。写真だけをぐっとクローズアップできる。もちろん、子どもたちが自分たちで行う。インフルエンザが流行しているという記事において、マスクをつけて登校している子どもたちの写真が掲載されていた。これなどは、効果的な写真の活用だと思う。
 もう少し継続していくと、何かが見えてくるだろう。

2009年9月 6日 (日)

新聞を「見る」2

 子どもたちは、自分の選んだ新聞記事にコメントを記入した付箋紙を貼り付ける。それを、翌朝の朝の会で発表するという方法をとった。
 私の方で、記事の解説を行うこともやる。

Shinbun01  難しいのは、聞いている子どもたちの意識である。記事を選んだ子どもたちは、コメントを記入しているので、それなりに記事の内容を理解している。しかし、聞いている子どもたちは、記事を見せられてすぐなので、興味関心が高まっている状態ではない。

 方法としては、改良を加える必要があるだろう。

2009年9月 2日 (水)

新聞を「見る」1

 社会科の時間に,このような話を行った。
 「みなさんは,新聞を読むことがありますか。」
 予想以上に多くの子どもたちが挙手をした。12名ほどである。しかし,いつも読んでいるわけではないようだ。
 「最近,大きな出来事がありましたけど,知っていますか。」
 次々と意見が出た。
 ○地震  ○インフルエンザ  ○家事  ○誘拐
 最後に次の意見が出た。
 ○政権交代

 「政権交代」がすぐに出ると思ったが,これは案外と知られていなかった。選挙があって総理大臣が替わるということは分かっているようだが,意味を知っている子は2名であった。
 ここで,日本の総理大臣は国会議員の選挙で決めることを説明した。また,「今までずっと国会議員には自由民主党の人が多くてそのトップの人が総理大臣になっていたのに,選挙の結果で民主党の人が多くなったので民主党のトップの人が総理大臣になるのです。だから,今までの政治のやり方が変化するので,新聞やテレビが大きく取り上げているのです。」ということを解説した。

 わずかな時間ではあったが,案外とこの「解説」は大切なことであるような気がする。記事の意味が分からなければ興味もわかないが,分かれば興味もわいてくるからだ。

**********************

 今日から輪番で新聞のスクラップを始めることにした。
 放課後に,熊本日々新聞の8月31日分を1グループ(3人)にわたした。「どこでもいいから,興味をもった記事を切り取って意見を付箋紙に書いてね。」と告げた。

 この日の記事は,もちろん総選挙一色だ。一面トップには「民主308 政権交代へ」と書かれている。写真は,笑顔の鳩山代表である。その真裏の紙面には,「列島『変革』の熱風」という見出しが太文字で示されている。
 面白かったのは,二人の人物の写真が対照的に掲載されていることだ。一人は,もちろん鳩山代表。満面の笑顔。もう一方は,麻生首相。無念の表情でうなだれている。この写真を見るだけでも,どちらが勝利したのかはすぐに分かる。

 さて,子どもたちは何に興味を示したのだろう。
 それは,「グラフなどの図」であった。これは意外だった。人目で分かるからなのだろう。「与党140 野党340」という数字で示された勢力関係のグラフや,各県の各政党の当選議員の数を示した日本地図などがそうだ。

 つまり,子どもたちはある程度の基礎知識があれば,記事の文章を読まなくても「見れ」ば分かるということなのかもしれない。そう考えると,「見出し」「写真」「グラフや地図などの図」が新聞で果たす役割は大きいということになる。考えてみれば,われわれ大人もそのような新聞の読み方をしているのではないだろうか。「読む」前に「見る」ことをしているのである。(つづく)



 



 
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31